ゲーム

ゲーム下手だった私が、有名ゲームFF14で充実できた方法

ゲーム下手だった私が、有名ゲームFF 14で充実できた理由

世の中には色んな面白いゲームが、たくさんありますよね。

  • PlayStationやSwitchをはじめとした、据え置きゲーム
  • スマホの進化で気軽に遊べるようになった、スマホゲーム
  • インターネット黎明期から、その普及を支えてきたネットゲームやブラウザゲーム
  • 根強い人気で楽しい時間を提供してくれる、テーブルゲーム

そのどれもが魅力的で、私達に刺激や興奮といった「非日常」を与えてくれます。

そんな有意義な時間を提供してくれるゲーム。
それらに対して、
「私はゲームが上手じゃないから・・」
「人に迷惑をかけてしまうから、尻込みしてしまう・・」

という悩みを抱えている方々がいるのもまた事実。

私も昔は、自分にコントローラーを回してもらっても尻込みする少年でした。
結論から言うと、そんなことを気にしなくてもオッケーです。
ゲーム下手でも楽しく遊べますし、人並み以上に上手くなれます!

この記事では

「上手じゃない人でも、楽しくゲームを遊んでいい。また、その方法」
「ゲームを遊ぶことによって得られる貴重な学びや、経験」

にフォーカスして、話していきたいと思います。

この記事を書く私のゲーム歴はおおよそ29年。

  • 頭が良くない
  • リズム感がない
  • アクションゲームやレーシングゲームの操作も下手
  • 人見知りで、人付き合いが苦手(=コミュニケーションゲームも不得意)
  • 新しいモノや、テクノロジーに腰が重い

そんな「ゲーム下手」の私でも、真剣に遊ぶことで数々のゲームで優秀な結果を残し
友人や経験といった「かけがえのない財産」を手にすることが出来ました!

ゲームによって作られた、と言っても過言ではない人生です(笑
あなたの人生をより良くするゲーム。その一助になれれば嬉しいです♪

ゲーム下手でも、楽しくゲームを遊んで良いんだよ!

れしおじさん
れしおじさん
ゲーム下手のおじさんが、自信を持って説明するよ

1-1. すべての人が楽しむべきコンテンツ、「ゲーム」

ぺんすけ
ぺんすけ
とはいえ、僕は本当にゲームが下手なんだよなぁ
人に迷惑かけたりするくらいなら、やらないほうがいいんじゃない?

れしおじさん
れしおじさん
そんなことはないよ。
理由は、ゲームの参加者はみんな「対価を払っているから」なんだ

ゲームに参加したあなたや、他のユーザーはみんな対価を払っています。

その対価とは・・・

お金、時間、体力、知力など様々な資源

それらを支払っているユーザーは等しく、ゲームを楽しく遊ぶ権利があります。
貢献しているからこそ、ゲームの得手不得手に関わらず、楽しむべきと言えますね。

そしてなにより、『楽しく遊びたい』と思っているあなたのために、企業や主催者はゲームを提供しているのです。

1-2. 成功体験や失敗体験を「楽しく」得るために作られた

ぺんすけ
ぺんすけ
そもそもゲームって、なんの為にあるの?
究極的には時間の無駄じゃない?

れしおじさん
れしおじさん
いい質問だね。
おじさんは、無駄を楽しむ為に作られたと考えているよ!

ゲームとはそもそも、
余暇の時間を、楽しく、コミュニケーションを取りながら、学べるコンテンツ
として生まれたと、私は思っています。

トランプひとつとっても、数字を覚え、簡単な足し算引き算をし、記憶力を要求されながら、友人とコミュニケーションを取りますよね。

これはゲーム全ての共通項と思いますが、私達はゲームを通じて「成功体験や失敗体験を手軽に得る」ことが出来ます。

ゲームが上手い人の多くが「ゲームに勝利する=他者より優れる自分」
という、成功体験による快感を求めてゲームを楽しんでいます。

サッカーならシュートが決まらないより、決まるほうが楽しいですよね。

逆にゲーム下手の私達は、ゲームによる成功経験が少ないからこそ
「ゲームに積極的に参加することに、及び腰になってしまう」とも言えるでしょう。

ぺんすけ
ぺんすけ
うーん。確かに失敗ばっかりのことにチャレンジするのは、腰が重いもんね

それでは、成功経験が少ない人はどうやって、ゲームを楽しめばいいのでしょうか?

答えはシンプル!
成功経験が少ない=失敗経験が多い
という部分にこそ、ゲーム下手の私達にとっての楽しみ方のヒントがあります。

1-3. 失敗経験を楽しむという遊び方

私はネットゲームや対人ゲームをはじめとして、人と競争するゲームが大好きです。

古くはポケモン育成、ゲーセンが流行った時代は格闘ゲーム
MMOではプレイヤーキルやPvPに、レイド攻略など

もちろん、それら「勝ち負けをゴールとしたゲーム」に参加すればゲーム下手の私は、負けることのほうが多いです。
圧倒的な上位プレイヤー(それらの攻略に自身の多くを捧げたり、そもそもセンスの塊の人達)には、質でも量でも、勝つ事は難しいからです。

そんな私でも、「失敗経験を楽しむ」というゲームへのスタンスを続ける事で、多くのゲームで個人的に満足のいく結果を残すことができました。

遊んできたゲームの一例
  • FF11】数々の強敵をソロ撃破
  • AION】レイド早期攻略、ソロPvP勝率7割以上
  • FF14】4v4のコンテンツで、自身の職業サーバー1位
  • Shadowverse】自身の使うリーダーで、月間勝率6位
  • civilization5】難易度:創造主クリア

ぺんすけ
ぺんすけ
へぇ〜、なんかパッと見は凄そうな戦績だね
おじさんは本当にゲームが下手なの?

れしおじさん
れしおじさん
生まれつきとか、センスって意味では本当に下手だよ!
初めてやるゲームは女の子にも負けることがあるね(笑

私が続けてきたゲームのスタンス「失敗経験を楽しむ」とは、
「自分の負けや、失敗から学び、自己の向上を楽しむ」遊び方です。

  • 真剣に遊んで、勝ちも負けも自分の結果として受けいれる
  • より良い結果になるように思考し、行動する
  • 他人に勝つことを目標とするのではなく『昨日の自分に勝利すること』を目指す

このように、自身の改良を続けることでゲーム下手は確実に改善されていきます。
自らの成長を楽しめるようになると、ゲームが人一倍楽しめるようになりますよ!

  • ゲームは参加者の誰もが、等しく楽しむ権利がある
  • ゲームは成功や失敗、ユーザーの体験の為に作られている
  • ゲームが下手なら、失敗を楽しめるようになればいい

真剣にゲームを遊んで得られる、貴重な経験や財産

ぺんすけ
ぺんすけ
まぁ確かに、成功だけじゃなくって、失敗も楽しめればそれに越したことはないよね

れしおじさん
れしおじさん
ゲームを通じて何かを学んだり、得ることが出来れば、すっごくおトクだと思うよ!

2-1. あなたや誰かの失敗は、それ自体が財産になる

ぺんすけ
ぺんすけ
ゲームやってて特に辛いのは、協力型のゲームでの仲間や自分のミスなんだよね

れしおじさん
れしおじさん
確かに、微妙な空気になるのは辛いかもしれないね

私もやっていたFF14のレイドコンテンツは『大縄跳び』と言われることもあるくらい、メンバーの協調が必要とされます。
複数人でやるゲームで度々起こる、誰かのミスによる停滞や中止。

こういった状況にイライラしたり、投げ槍になるか。
あるいは穏やかに、前向きになるか。
そんな気持ちの在り方も、あなたにとって貴重な経験のひとつなんです。

れしおじさん
れしおじさん
例えば、ゲームのミスを仕事に置き換えてみよう

部下や同僚のミスにイライラしたり、辛辣な態度を取ったらどうなりますか?
彼らは萎縮して、パフォーマンスをさらに下げ、新たなミスを生むかもしれません。
あなたが優秀であれば、建設的に穏やかなアドバイスで、チームの調和を保つはずです。

ある日、あなた自身が大きな失敗をしてしまいました。
大きな責任を感じますよね。人によっては会社を辞めてしまうかもしれません。
ですが会社はあなたに、そんな責任の取り方をして欲しいわけではないと思います。
これから失敗しないための対策と、何故失敗したかの周知をして欲しいはずですよ!

『たかがゲーム』の失敗ひとつとっても、人生を良くするための学びになります。

遊びながら、こういった経験ができるのがゲームの醍醐味のひとつですね!

2−2.失敗を繰り返さない。成功への小さな一歩

同じ失敗を繰り返さない。
そのための練習を出来るのも、ゲームの魅力です。

現実社会では、悲しいかな一度のミスで評価されることが多いです。
気持ちに余裕のない人が多いからですね。

ゲーム内では、多少のミスであれば許され、受け入れてもらえます。
そもそも余暇として遊んでいる人が多く、心に余裕があるからですね。

ぺんすけ
ぺんすけ
たしかに。
僕の周りにも、会社と比べたら優しい人が多いかも

ですが、相手の優しさに甘んじていいわけではありません。
自身が何故失敗してしまったのか。
考え、調べ、それでもわからない場合は聞き、原因を究明していきましょう。

そうやって、一歩ずつ成功に近付いていく。
成功体験を積み重ねるための練習の場が、圧倒的に多いのがゲームの魅力ですね。

れしおじさん
れしおじさん
その努力は、きっと人生をより良くしてくれるよ!

2-3.小さな成功を積み重ねることによる、確かな自信

誰もが、未知の出来事に対しては自信を持てません。

例えば私が明日、未曾有の災害に巻き込まれて困難な生活に陥ったとします。
初めての経験、知識の無さに混乱し、自信はなく、パニックに陥るでしょう。

小さな成功を積み重ねることによる、確かな自信

ですが、ゲーム「絶体絶命都市シリーズ」を遊んでいた場合はどうでしょう?
災害への心構えや、簡単な救急知識を持っており、多少のノウハウがあると思います。

これは極端なケースですが、人間は最初から自信を持っているわけではありません

ゲームという、様々な状況で成功や失敗を経験できるプラットフォームは
小さな積み重ねによって、私達に『確かな自信』を積み重ねてくれます。

そこで手にした『自信』や『未知への対応力』は、人生の良きガイドになるでしょう。

2-4.「大好き」の共有によって、貴重な友人を獲得できる

ゲーム下手でも真剣に遊んで、成長をするたびに「ゲームが大好き」になります。
少なくとも私はそうなったので、読んでいるあなたもそうなってくれると思います。

「真剣に遊ぶ」のと「適当に遊ぶ」のでは、得る「幸福度」が大違いですからね!

そして
あなたが「大好き」を発信していると、必ず人が寄ってきます。
「ゲーム好き」という共通の趣味を持つ友人です。
あるいは、恋人かもしれませんね。

実際に私の恋人も、ゲームを遊ぶ過程で知り合い、親睦を深めました。

自分が真剣になった中で出来た友人は、きっと長い期間の付き合いになります。

私自身、格ゲー時代の友人は15年近く、ネトゲにも10年近い友人がいます。

たまに連絡を取って、当時を思い出しながら飯を食べ、互いの今後を語り合う。
こうしたいい距離感の友人が、良い影響を与えてくれるのは疑いようがありません。

2−5.真剣に取り組んだゲームは、富を生む

いきなり何言ってんだコイツ・・・と思われたかもしれませんね。
ですが、これは揺るぎようのない事実だと思っています。

ゲーム下手な私達が、真剣にゲームへ取り組むということは
=攻略に際しPDCAを徹底する。ということになります。

PDCAとは・・・

『 Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)』
「思考して計画し、行動、チェック、改良をエンドレスで繰り返す」

ゲームが下手な人は、PlanとActの工程を飛ばしていることがほとんどです。

「とりあえず始めてみて、自分や周囲の評価に一喜一憂し、改善せずに終わる」
こういった具合ですね。

「遊びであり、楽しいゲームの時間」でPDCAを常に回すようになると
それはゲーム内に留まらず、日常生活や仕事にも伝播します。

全集中の呼吸、常駐。思考バージョン!(鬼滅の刃ネタ)

鍛えられた思考力は仕事で結果を出すことや、大切な判断に力を貸してくれます。
私が株で時流に乗って、大儲けしたのも思考力を鍛えた結果です。

多くのネットゲームや対戦ゲームをやってきて感じるのは
上位だったり、上位を目指して努力するユーザーの多くは、金持ちになる才能がある
という揺るぎない事実です。

PvPで1位になったり、レイドで早期攻略するよりも
株やFX等のマネーゲームで勝つほうがよほど簡単ですからね(笑

まとめ。ゲーム下手でもゲームを楽しむための方法論

まとめ。ゲーム下手でもゲームを楽しむための方法論

ゲーム下手だった私が、ゲームで充実できた理由や、方法論について話しました。
いかがでしたか?

長くなってしまったので、要点をまとめておきますね。

  1. ゲームは参加者の誰もが、等しく楽しむ権利がある
  2. ゲームは成功や失敗、ユーザーの体験のために作られている
  3. ゲームが下手なら、失敗を楽しめるようになればいい
  4. 失敗を楽しむためには、自分の成長をゲームの目的にする
  5. 成長するためには、思考力を鍛える(遊びながらPDCAを行う)
  6. 鍛えられた思考力は、あなたの人生を物質的に豊かにする

カンタンで、今日遊ぶ時から取り入れられることですね。

慣れないうちは他人と自分を比較してしまうかもしれません。
目標にするのはいいですが、ネガティブになっては元も子もありませんよ。

ゲームを通じてメンタルや思考力を鍛えて、人生を豊かにしちゃいましょう(笑

今回の記事は以上です。2020年もおじさんと、フリーダムをよろしくお願いします!
面白いと思ってくれたら、シェアしてもらえると励みになります♪